【201話後編】灼熱カバディ!山田の覚醒の予感と謎のグラフの正体

連載レビュー

うおぉぉおぉぉぉ!!
山田!山田よー!!

お前覚醒しそうやないかーい!!
待ってたよ!

絶対に覚醒すると思ってた!
まだしてないけど!

そんなこんなで激動の201話後編。
いっちゃいましょう!

レッツ!!
ストラグルぅッ!!

 



え?宵越ってもしかして主人公なの?

とにかくイケメン

第1話の時と比べると武蔵野先生の作画が激変しています。
生主してる時とかコミカルな感じだったのに、第201話の宵越よいごしは完全にイケメン

向こうはもっとだよ。

出典:灼熱カバディ第201話(後編)

このシーンの宵越、ヨダレ垂らしているのにイケメン
ヨダレ垂らしてるのにイケメンとかある?!

ヨダレ垂らしてイケメンなのは全世界において宵越だけやね。

 



レイドが初心者とは思えない

皆さん、忘れていませんか?
宵越は数ヶ月前まで素人だったんですよ。

それがどうです!
今回の宵越は?!

まるで世界組かのような落ち着きぶりです。
ヴィハーンの支援に来た霞冬居かすみとういとかを右腕1本でサラッと制するあたり、王者の風格があります。

奥武おくぶ高校全員が必死に守備をしなければならないレベルです。
宵越よ、久納くのうコーチが来てすぐの時、攻撃手レイダーから外されて悔しい想いをしたよな。

その時の宵越に言ってやりたい!
「お前、最新話で大活躍してるぞ!」と。

まぁ、言われても訳分からんやろうけど(笑)

ダニング・クルーガー効果

 



おいてけぼりは山田

前編のレビューで色々と予測しましたが、おいてけぼりは山田でしたね。

山田一人が宵越を押し返す戦略を取ろうとします。
それに対し、山田以外の奥武高校の全員は宵越に対し積極的な守備をしようとします。

誰も山田のことを見ていないシーンが描かれてて、読者であるこっちもおいてけぼり感があって激ヤバ
山田はねー、世界組がほとんどいない奥武高校を1人で盛り立ててたんですよ。

インドにいるヴィハーンからカバディの情報を得て、それを練習のメニューに組み込んだりしたの。
ホント努力家なの。

奥武高校の大会での躍進に1番貢献してるのはどう考えても山田なの。
その山田がおいてけぼりとかどういうことー!!

謎のグラフの正体

奥武高校戦が始まってからちょいちょい出てくる謎のグラフ。

 



これ、ダニング・クルーガー効果を表しています。
縦軸は自信横軸は熟練度を表しています。

簡単に言うとこんな感じ。

  • 何かを習得する時の『自信の経過』を表してる
  • 学び始めは自信満々になりがち
  • 知識と技術つくと自分のヘタクソさが分かり、自信を一旦なくす
  • 知識と技術が更につくと自信を取り戻していく

今の山田が正しくそんな感じです。

山田は中学生の時、自身を天才と称しプロを目指していました。
しかし、カバディの世界レベルを目の当たりにし、プロになることを諦めました

現実的に、無難に、身の丈にあったことをすることこそが善と思っているのです。

その山田に今、変化が訪れています。
ダニング・クルーガー効果に則って言えば、一度失った自信は熟練度が上がれば取り戻されていきます。

山田自身はプロを諦め、チームの勝利のために無茶はしないスタンスでした。
しかし、奥部高校の部員たちはまるで限界を超えていくような覚悟を見せています。

あの自信なさげな霞冬居ですら、相当な覚悟を見せています。
そんな奥部高校の部員たちの姿を見た山田

今、奮い立たなきゃ、いつ奮い立つんだよ。

今後の展開予測

山田の覚醒はほぼ確定でしょうね。
ダニング・クルーガー効果のグラフを使ってるあたり、ほぼ間違いないと思います。

流れとしてはこんな感じかなー?

山田以外の奥武高校覚醒(霞冬居あたり?)

山田覚醒

能京高校逆転されてピンチ

宵越がもう一段階進化してピンチ脱出

能京高校勝利

山田は試合には負けるが、プロ志望同盟を王城と再結成。

うん、これで決まり!
来週が楽しみ過ぎます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました