【2巻レビュー】灼熱カバディ!王城正人との出会いと奏和高校六弦・高谷との戦い

灼カバコラム

灼熱カバディ第2巻のレビューを書いていきます。
こちらはネタバレを含んでいますのでご注意ください。

これを書いている私自身は最新話(200話)まで読んでいる状態でこのレビューを書いています。
なので、改めて読み返して書いています。

最新話までを知った状態で読むことで新たな気づきもありました。
それを含めて書いています。

2巻の内容は以下のような感じです。

  • 時間の殺し屋クロックキラーとしての才能を開花させる宵越
  • 高谷煉は中学生水泳日本一の選手で、聴力が異常。
  • 王城はカバディ愛に狂った魔王で、練習試合で大量得点を重ねる

今では大人気漫画の灼熱カバディ。
人気キャラの王城や高谷も出てくる怒涛の2巻、激アツです。

こちらも併せて読むとより一層面白くなります。

それでは灼熱の世界へようこそ。

 



2巻の概要

目次は以下の通りです。

8話:お前の領分は
9話:なんでお前が?
10話:自己紹介
11話:自己紹介
12話:敵
13話:変わらないモノ変わるモノ
14話:水中へ
15話:追撃×反撃
16話:愛

王城正人の実力が明らかになる所から、奏和高校との練習試合までが描かれています。

人気キャラ目白押しの内容になってます。

能京の獣…最強のレイダーになれ。

時間の殺し屋クロックキラー

早速ですが、ここテストに出るので絶対に抑えておいてくださいね。
時間の殺し屋クロックキラーの伏線はあとでとんでもない形で回収されます。

とんでもない形過ぎてここでは明言を避けておきます。
ただ、まじで鳥肌もんなので覚悟しておいて下さい。

ロールキックを一撃で決める

不倒・宵越の序盤の代名詞といえばそう!
ロールキックです。


出典:https://www.everyachivement.com/naveen-kumar-biography-and-super-10-in-pro-kabaddi-league/

宵越は軽ーく決めちゃいましたが、これ高等技術なんです。
それをぶっつけ本番でやってしまうのが宵越のすごいところです。

能京高校と奏和高校の練習試合を見に来ていた能京高校サッカー部監督もこう言っています。

昔から『流れ』を作るのが上手い選手だった。
どんな競技でもきっとそれは変わらん…
そうだろ?
『不倒』宵越。

出典:灼熱カバディ第13話

サッカー選手時代から流れを作る力に長けていた宵越。
それはカバディでも一緒です。
宵越はデビュー戦、ファーストレイドで華ばなしい成績を残します。

流れを作るのが上手いという宵越の才能はこの後も能京高校を救い続けます。

魔王・王城が大暴れ

カバディに不向きの体

カバディという力の競技において、目立つ男がもう一人いた。

出典:灼熱カバディ第16話

奏和高校の六弦ろくげんはカバディにおいで恵まれた体をしています。
宵越や高谷も同様です。

その中において異質な存在が王城正人です。(画像右の選手)
体はヒョロヒョロもやし体型、身長も高くはありません。

でも、灼熱カバディに中でも最強レベルのレイダーの一人です。
その一見弱そうだけど実は最強である、という設定自体に痺れます!

柔よく剛を制す、スポーツ漫画において胸アツの設定ですね。

カバディへの愛の違いだ

王城は奏和高校の練習試合であっという間に奏和高校をローナ(全滅)させます。
しかも圧倒的な実力差で。

後述する天才・高谷をすぐにストラグルし、六弦も軽々ストラグルします。
もうね、爽快すぎてヨダレ出まくりですよ!

先程、王城はカバディにおいて恵まれていないと言いました。
実際、体格や力などあらゆる面で他のカバディ選手に劣ります。

ただ唯一、他の選手と比較し圧倒的に勝っている点があります。

僕と六弦との差は――…
カバディへの愛の違いだ。

出典:灼熱カバディ第16話

圧倒的に勝っている点はカバディへの愛の深さですね。
愛があるからこそ、どこまでも、それこそ怪我をしてしまうほどオーバーワークをする程にカバディの練習をします。

王城のレイダーとしての絶対的な強さの根源は愛なんですね。

 



頂点の器・高谷の実力

中学生水泳日本一

奏和高校の高谷煉たかやれん(画像左)は宵越と一緒で他競技からカバディに転向してきた選手です。
宵越はサッカーで高谷は水泳です。

高谷の最大の特徴は聴力です。
聴力が異常なんです。

敵を見なくても敵の位置を察知したり、敵の心拍数を聞き取り相手の心理状態すら読み取ります。
シンプルに化け物です。

しかも、長い手足と抜群の身体能力
そして甘いマスク。

スペック高すぎてモテモテなので、爆死してほし…
じゃなくて正にカバディにおける頂点の器なんですね。

バカバカ得点を重ねる高谷

その化け物じみたスペックを活かして、練習試合でも大量得点を重ねます。
2巻の間にローナ(全滅)を2回も奪います。

高谷の勢いは一度、王城止められますが…
高谷ももちろん黙ったままではありません。

 



まとめ

2巻からは一気にキャラも増え、奏和高校との練習試合もあるので面白さが加速します。

2巻の内容をまとめるとこんな感じです。

  • 時間の殺し屋クロックキラーとしての才能を開花させる宵越
  • 高谷煉は中学生水泳日本一の選手で、聴力が異常。
  • 王城はカバディ愛に狂った魔王で、練習試合で大量得点を重ねる

3巻も楽しみですね。

灼熱カバディ関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました