【198話ネタバレ有りレビュー】灼熱カバディ、ヴィハーンの覚醒、激アツ

連載レビュー

こんにちは!
灼熱カバディ198話前後編を一気にネタバレ有り有りでレビューしていきます。

あれだけ不調だったヴィハーンが一体どうなるのか?
筆者大興奮の回でした。

今回は「センスとロジカル」の前後編まとめてレビューします。

197話のレビューはこちら

199話のレビューはこちら

それでは早速、レッツカバディ!!

 



点と点が繋がる、胸アツ展開

スポーツにおける胸アツとはなんなのか?

ここで突然ですが、筆者が独断と偏見で選ぶスポーツ漫画胸アツ展開ベスト3の発表をします。

筆者が独断と偏見で選ぶスポーツ漫画胸アツ展開
  1. 練習では全くできなかったことが試合でカチッとハマって出来るようになる
  2. 急に才能を開花させて無双
  3. 今まで全く勝てなかった相手をギリギリで打ち負かす

これですね。
この堂々1位が今回のヴィハーンです!

まじで今回のヴィハーンはアツい!
アツすぎる!!

アカデミーで習ったことが全部繋がり筆者号泣

195話ではヴィハーンのプロアカデミー時代の苦悩が描かれていました。
これが辛い、辛過ぎる描かれ方なんです。

ざっくり内容を言うと、プロアカデミーに入ったヴィハーンが落ちぶれて、精神的におかしくなる様を描いています。

この時筆者は思いました。
「あ、コーチがクソなんやな。」と。
プロアカデミーに行ったのがそもそもの間違いだったのよ、ヴィハーンちゃん早く逃げてー!と思ってました(え?誰?)

しかーし!
今回、ヴィハーンはコーチに教えられたことが急にできるようになります。
恐らく、前回「カバディを楽しむ」と決意したことが大きな要因ではないかと筆者は睨んでいます。

にしても、プロアカデミーはさすがやね!
ここまで見越してヴィハーンを指導してたってことやもんな。
いやー、コーチ天才(秘技!手のひら返し!)

 



宵越、やっぱりあんさんは天才どすわ

ヴィハーンの無双の始まり始まりとはならず

守備でも天才的な才能を発揮するヴィハーン大先生
こりゃぁもうヴィハーン劇場の始まりかな、と思ったらところがどっこい!

能京高校には我らがスーパースター、宵越がいるのを忘れてはいけません。

自身の攻撃スタイルが完全に読まれているのを感ずいた宵越は今まで披露したことの無いリーディングレッグに切り替えます。

ここでまさかのリーディングレッグゥゥゥ!!
と筆者大興奮。

リーディングレッグと言えばあれですよ。
大山律心高校のキャプテン大和くんが得意なやつですね!

スピードがある宵越がするとリーディングレッグは無敵になります。

天才同士の攻防

何やかんやあって、この攻撃は宵越に軍配が上がります。
いやー、天才VS天才の攻防って、スポーツ漫画の醍醐味ですよね。
(胸アツランキングには入れ忘れてた)

少し話は脱線しますが、ヴィハーン大先生の天才ぶりは筆者の予想とは違いました

今までの流れだとヴィハーンは天真爛漫系のプレイスタイルで、舞うように動きなからガンガン得点を重ねていくイメージでした。
どっちかと言えば、高谷煉系の天才かなー、と。

でも、今回でそのイメージは変わりました。
守備の際はチームメートを誘導しながら宵越を攻め立てていきます。

こっちのタイプの天才か!と筆者どちらにせよ大興奮でした。

 



ヴィハーンの目がかっこよすぎた。

ヴィハーン、完全覚醒か?

この後も激アツが続きます!
ヴィハーンは楽しむだけではなく「自分自身は天才だ」と改めて自覚している感じですかね?

その自覚により、完全に覚醒したかのような表情で攻撃に移るヴィハーン。
最後のコマの表情に痺れました!!

筆者は次回は天真爛漫に大暴れするヴィハーン大先生が見れるのではないか、と予想しています。
というか単純にヴィハーン大先生の無双が見たい!!

来週はどうなる?

今の状態でもヴィハーンは十分に手に負えない状態です。
だって、速さが新幹線なんだもん。

何がどう新幹線なのかはこちらの記事をご覧ください

それがもっと覚醒したら一体どうなるのやら。
きっと異次元の動きを見せてくれるはずです。

今から来週が楽しみで仕方ありません。

灼熱カバディ関連記事

灼熱カバディはアニメも最高に面白いです。
こちらのリンクから登録すると無料で観れます。

漫画ももちろんおすすめです。

灼熱カバディ(1) (裏少年サンデーコミックス)

新品価格
¥607から
(2021/7/7 05:25時点)

コメント

タイトルとURLをコピーしました