【2021年最新版】インドプロカバディの主要5チームの特徴まとめ、代表選手は?

カバディ
出典:https://www.republicworld.com/sports-news/kabaddi-news/pro-kabaddi-league-not-get-60-cr-title-sponsor-vivo-if-event-cancelled.html
この記事のまとめ
  • 今までに7回のシーズンがあり、優勝経験チームは5チーム。
  • パトナ・パイレーツが唯一連覇を経験(3連覇)
  • オークションの結果次第では、勢力図は大きく変わる可能性あり。

日本ではマイナースポーツのカバディ
本場インドでは、何千万円ものお金が動く超人気プロスポーツなんです。

今回はインドのカバディチームについての解説を書いていきます。
これであなたもカバディつうになること間違いなしです。

ぜひ最後まで読んでくださいね。

 



ジャイプール・ピンクパンサーズ

概要


出典:https://www.kabaddiadda.com/tournament/20-pro-kabaddi-season-7/teams/5008-jaipur-pink-panthers

シーズン1(2014年)の優勝チームです。
ラジャスターンに本拠地を置いています。

チーム総年俸はプロカバディ12チームトップの2億3000万円です。
主要選手にはレイダーのディーパック・ニワスフーダやディフェンダーのサンディープ・クマール・デュルがいます。

コメント

プロカバディが始まった年に優勝した伝統あるチームです。
しかし、その後は3位~7位と成績はイマイチです。

チーム総年俸は2億3000万円と12チーム中トップにも関わらず、成績がイマイチなのがなんとも言えない感じですね。
ちなみにチーム総年俸は2位のチームより3000万円高いです。

日本のプロ野球で言うところの、読売ジャイアンツ的なチームでしょうか。
今後、古豪の復活に期待大ですね。



Uムンバ

概要


出典:https://www.kreedon.com/u-mumba-team-2019/

シーズン2(2015年)の優勝チームです。
ムンバイに本拠地を置いています。

チーム総年俸はプロカバディ12チーム中、5位の2億円です。
主要選手にはディフェンダーのファゼル・アトラチャリやオールラウンダーのサンディープ・ナルワルがいます。

コメント

シーズン2優勝後も2位~4位をキープしている強豪チームです。
プロカバディ最高のディフェンダーと言われているアトラチャリがいるが強さの要因の一つですね。

今後も優勝を狙えるチームだと思われます。



パトナ・パイレーツ

概要


出典:https://www.kabaddiadda.com/tournament/20-pro-kabaddi-season-7/teams/5001-patna-pirates

シーズン3~5(2016年~2017年)に3連覇したチームです。
※2016年は1年のうちにシーズン3と4の2回開催されました。

チーム総年俸はプロカバディ12チーム中、6位の1億9000万円です。
主要選手にはレイダーのパーディープ・ナーワルやディフェンダーのニーラジ・クマールがいます。

コメント

プロカバディにおいて唯一複数回の優勝経験のあるチームです。
しかも3連覇しています。

しかし、3連覇後は4位、8位とあまり成績は良くないです。
2021年のオークションに先駆けて、エースのパーディープ・ナーワルを戦力外にしました。

今後のチーム立て直しに注目です。

ベンガルール・ブルズ

概要


出典:https://www.kabaddiadda.com/tournament/20-pro-kabaddi-season-7/teams/5011-bengaluru-bulls

シーズン6(2018年)の優勝チームです。
カルナータカに本拠地を置いています。

チーム総年俸はプロカバディ12チーム中、8位に1億9000万円です。
主要選手にはレイダーのパワン・クマールセラセットやディフェンダーのマヘンダー・シンがいます。

コメント

シーズン1~5は3位~7位とパッとしないチームでしたが、シーズン6では見事優勝しました。
しかし、シーズン7は6位とあまり成績は奮ってません。

エースレイダーのパワン・クマールセラセットはかなり得点力が高いので、今後の躍進に期待大です。



ベンガル・ウォリアーズ

概要


出典:https://www.sportzcraazy.com/bengal-warriors-team/

シーズン7(2019年)の優勝チームです。
コルカタに本拠地を置いています。

チーム総年俸はプロカバディ12チーム中、4位に2億円です。
主要選手にはレイダーのマニンダー・シンやディフェンダーのバルデブ・シンがいます。

コメント

シーズン1開幕後は4位~8位と成績はあまりよくありませんでした。
しかし、近年は2位などと成績がよく、2019年には遂に優勝しています。

今、一番勢いのあるチームではないでしょうか?

まとめ

この記事のまとめ
  • 今までに7回のシーズンがあり、優勝経験チームは5チーム。
  • パトナ・パイレーツが唯一連覇を経験(3連覇)
  • オークションの結果次第では、勢力図は大きく変わる可能性あり。

プロカバディには今まで7回のシーズンがあり、優勝経験チームが5チームある状態です。
どのチームも実力が拮抗してる感じですかね。

2021年8月末に選手の行く末が決まる、オークションがあります。
オークションの結果次第では、勢力図が大きく変わる可能性があります。

特に得点王経験者のパーディープ・ナーワルの行く末は注目です。
今年のプロカバディ、楽しみですね。

カバディ
スポンサーリンク
灼熱カバディ応援隊

コメント

タイトルとURLをコピーしました